Menu

様々な慰謝料の種類

0 Comments

慰謝料という言葉を知らない方はいないと思いますが、主に離婚や交通事故の場面で慰謝料は発生します。この慰謝料について、実際被害に遭われてみると、どんなに被害者側に非がなくても、簡単には誠意ある額がもらえないのだということを痛感されることでしょう。相手側が100%悪いという場合でも、納得いかない額の提示をされることがあります。そうなるとその後の人生が大きく狂わされてしまいますので、きちんと誠意ある額を引き出す為に、交通事故の場面での慰謝料について理解しておく必要があります。

交通事故被害に遭った際の慰謝料の種類と特徴について、「入院慰謝料」「後遺症慰謝料」「死亡慰謝料」の3つの種類に分けられています。名前の通りですが、入院慰謝料とは、交通事故で退院後も通院をしなければいけない場合に、被害者が受ける肉体的、精神的苦痛への損害賠償になります。これは、入院をした期間と怪我を負った部位・程度によって決定されます。2つ目は、ムチ打ちや手足の痺れのように、交通事故で受けた傷によって後遺症が残ってしまった場合に軽度なものから重度のものまで幅広い症状を含む後遺症慰謝料です。そして3つ目は、被害者が亡くなられた場合に遺族に対して支払われる慰謝料を死亡慰謝料と言います。

このように、交通事故による慰謝料は分けられており、それぞれ算出方法が異なります。もちろん、被害者の方がご自身で算出するには高度な知識が必要となりますので、弁護士に依頼することになります。